YouTubeでの削除の対策 海外向け、国内向け動画の違いとは?

YouTubeアドセンス攻略情報共有プログラム
販売している杉山です。

 

いつも購読有り難うございます。

 

実はここ最近、YouTubeでの削除の質問を頂きますが、

まず言える事は、リスクの高い動画は避ける方が良いと思います。

 

「他の動画は、問題ないのに自分だけ?」と言われる方も
多いのですが、目には、見えないような手順で
カモフラージュしている動画も数多くあるのです。

 

だから安易に「みんなアップロードしているから」という感覚で
真似をすると痛い目に遭うのです。

 

YouTube動画の削除とリスク問題

 

以前から伝えるように、本当にYouTubeは継続的な報酬に繋がります。

 

安易に無茶をして削除されては、勿体ない話ですが、
先日もご案内しました、

gyaku tube 海外ユーザーを狙ったYouTube戦略について。

こちらでも、少しカモフラージュする方法も説明がありましたね。

 

こういったことが いつまで続くかは、ともかくとしても、
国内ユーザーを狙う事により、表面化する問題も、
海外向けなら表面化しないという考え方もあるのです。

 

国内ユーザー向けと海外ユーザー向けの動画の違いとは?

 

例えばライバルによる違反報告
ライバルによるチクリなど…

これらは、日本語キーワードでライバルを見つけては、
蹴落とそうとする輩も居ます。

 

ちょうどGyaku Tubeの小西さんのブログ記事でも
ありましたが、法人アカウントを使い回せる人は
非常に有利で 保守と攻撃を上手く立ち回れます。

 

しかし個人アカウントの場合は、大変だと
私は、思います。

 

国内の反応を必至に取ろうと派手なパフォーマンスをしても
出鼻をくじかれるというような事もあるのです。

 

情報商材業界でもありますね。

人の誹謗中傷をして優位に見られようとか、
人の商品を誹謗中傷して 自分の商品を売り込もうとか。

根拠のない批判や中傷をして物を売る時代は既に終焉を迎えようとしています。

しかし、YouTubeでは、表だって見えませんので、
幾らでも足の挙げ所があれば、出鼻をくじかれる事がある。

 

でも、海外に目を向ける事で、動画タイトルも動画本文も異なりますので
そういったダメージも受けにくく、同時に、国内でウケないような
簡単な動画でもヒットする事があるのです。

 

これこそが「海外の反応」です。

 

国内ユーザーに向けてアツくなって自爆するよりも、
海外に目を向ける事は、何1つデメリットでは無いと思います。

 

実際に私が このgyakutube の特典としてお付けしている、
YouTube OverSeas Specialized type Program」 においても
再生回数を伸ばし安定した結果を得ている人が増加しています。

 

こういった背景から見ても、一度挑戦してみる価値はあると 改めて思います。

 

是非参考にしてください。杉山でした。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人杉山健一

杉山健一


YouTubeアドセンス攻略情報共有プログラムの販売者の杉山健一です。この度、YouTubeに関して教材だけなく、情報発信していく為にブログを立ち上げました。


プロフィールはこちら

このページの先頭へ