これからのYouTube対策 YTM無限とYDCYouTubeで稼ぐ戦略

杉山です。

久しぶりのブログの更新となります。

 

本日のテーマは、「これからのYouTube対策」です。

そして、

「ここ最近の2つのYouTube商材」について書いていきます。

 

アドセンス審査の基準の変更
YouTubeアカウントの構成の変更
ブランドアカウントの登場
1万再生広告ルールの登場

と 大きく変わりつつあります。

 

大きな変化としては、ブランドアカウント。

 

チャンネルを増やす時には、
このブランドアカウントを増やして進めていくように
なりました。

今後は、YouTubeアカウント単位で作る行為ではなく
シンプルにブランドアカウントでチャンネルを増やす形となります。

 

また、もう一つは、1万再生回数でていない、
チャンネルの動画は、収益化しても広告は出てきません。

 

1万再生と言えば、1000円程度のものですから、
あまり気にする話でもありませんが、少しハードルが
高くなった印象を感じた人も多いかもしれません。

 

しかし、全体で1万再生ですから、それほど苦にならないと思います。

 

この1万再生が発端で、チャンネルを複数作る事に抵抗を
感じる人が居るのですが、ジャンルはしっかり分けるようにしましょう。

 

1万再生回数分、もったいないと言って、
同じチャンネルにジャンルを無視して投稿すると
チャンネルの趣旨がブレますので注意が必要です。

 

もちろん 動画を作る、収益化するという
根本的な部分は、変わっておりません。

YouTubeの仕組み全てが変わったわけでは、
ありませんが、常に時代の流れに沿って手法なども考えながら
取り組む必要があると思います。

 

そこで本日は2つ最新のYouTube系の情報に目を通しましたので、
それぞれ記事にしたいと思います。

 

一つ目はこちら。

 

YMT YouTubeトレンドマーケティング無限

販売ページは、こちら。

 

コンテンツ形式=動画が大半。

ちょうど先日、購入しましたが
価格は28000円でありながら アフィリエイト報酬は
26000円を超える金額となっています。

 

これは、アフィリエイターにとっては、とっても有り難い話です。

 

ただ、報酬も大事かもしれませんが問題は、中身です。

 

今のYouTubeの変化や最新情報としての
目新しさ ですが、どう見ても、当時の解説役だった
YTMの登場人物が 販売者のバナナデスク事、岡田さんに
変わったようにしか見えません。

 

特典などは、興味がありませんでしたので
殆ど見ておりませんが、.YTMと同じで
動画コンテンツでの解説で、

「あー前にも聞いたな」 と閉じたり、
知ってるし珍しくない部分を早送りしていると
30分も掛からずに 終わりました。

 

YTM同様にラジオ音声を使う動画なども紹介もあります。

 

もちろんラジオや報道系のものは、
まだまだ使える部分もありますが、今では
色々な情報商材でも、出てくる内容で、
YTM無限にある内容は、多くのYouTube系の
商材でも書かれているという印象です。

 

発売から、何年も経過していますので
当初は、ラジオ音声を使うというのは、
独特のテクニックのような感じもありましたが、
}もう、3年も4年も経過した今では、
あちこちで登場している内容だったりするのです。

 

しかし、このYTM無限は、アフィリ報酬MAXですので、
購入してみれば、分かると思います。

 

家族や身内や友人に自分の
アフィリエイトリンク経由で購入してしまえば
2000円程度で買えますので、
私の評価が疑問であれば、一度ご自身で
確認してみると良いと思います。

 

そしてもう一つは、こちら。

 

YDCというYouTube系の情報商材、講座コンテンツ

販売ページはこちら。

そしてもう一つは、こちらのYDCという情報商材。

 

こちらのコンテンツは、動画作成に使う、
ツール2つと、PDFファイルです。

こちらに関しては、2017年以降のYouTubeアドセンス、
ブログアドセンスも取得コンサルが無償で付属。

YTMが前回の復刻版という内容に対して
こちらは、今後も見据えた新しいものと 感じました。

 

多くの人が、削除に対する疑問を抱いていますが
教材販売者や、一部の人が取り組んでいる、
アドセンス停止などの場合の対処方法や
リスク分散なども書かれています。

 

YouTubeのグレーな手法は他の教材でも
目を通した事がありますが、リスク分散していなければ
一瞬で全てのアカウントを停止させられてしまいます。

 

そうならない為の対策についても
過去で言えばYouTubeアカウントを
分類したり アドセンスアカウントと分類するものが
主流でしたが 今後に関しては、それ以上の方法が
求められるという事も分かりました。

 

今回私もYDCでの リスク分散を見ましたが
「ここまでやらないといけないか」と感じた次第です。

 

私自身が、そこまでグレーな手法に
首を突っ込んでいませんので
うとい部分でもあるのですが、こういった部分は
プラスになります。

 

他にもお馴染みのジャンルの動画の作成や
それぞれポイントや、今後の展開も含めて
「ライバル達を出し抜いて稼ぎ出す為には、どうやるのか」

この辺が、しっかり学べると思います。

 

また、YouTubeSEO知識。
YouTubeの検索エンジン対策なども
盛り込まれて解説されています。

 

教材だけでも恐らく300ページ近くになりますが
教材に加えて、2つの動画作成補助ツールが付属。

 

その1つは、ニコニコ動画でお馴染みの
弾幕動画の作成。

もう一つは、動画と動画を重ねた動画を
作成するためのシステムなども付属しています。
※画像と動画では、成し得ない2つの動作を行えます。

 

2重動画は、リスク回避
弾幕動画は、動画のクオリティというか
動画の質や面白さを高めるもの

 

このような感じです。

デスクトップ録画は、しなければいけませんが、
色々とかなり使えます。

 

全体を通すと 色々な動画制作パターンもあり
今後を意識する人には、かなり学んで使えると思います。

 

アドセンス取得の個別サポートも付属していますので
審査基準が高くなったアドセンス取得をクリアしたい人は、
取得するのも良いと思います。

 

結構中身がギッシリと詰まったノウハウですので
参考になると思います。

 

YouTubeで稼ぐ戦略 YDC

 

YDCとYTM無限の比較について。

 

とりあえずYTMの感想は述べておきましたが
こちらは、先程も伝えたように買う気になれば、
安価で手に入ります。

 

YTMをご存知の人には、不必要で、
以前よりYTMを検討されていたなら当時よりも
1万円以上安い価格ですので良いのかもしれませんが
内容の新しさは、私は感じませんでした。

これは、YouTube商品を買い慣れた人なら
分かると思います。

 

また、コンテンツ形式はPDFオンリーという
YDCは、明らかに「この先」を見据えたコンテンツで
YouTube系の情報商材の購入経験の多い人にも
学べる部分が十分あると思います。

 

YouTubeに限らずネットビジネス全般で
言える事ですが、様々な情報を吸収する事は、
報酬を増やす為に欠かせないポイントですので
興味があれば一度目を通して見ると良いと思います。

 

それでは、杉山でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人杉山健一

杉山健一


YouTubeアドセンス攻略情報共有プログラムの販売者の杉山健一です。この度、YouTubeに関して教材だけなく、情報発信していく為にブログを立ち上げました。


プロフィールはこちら

このページの先頭へ