YFMという教材~YouTubeのアドセンス審査をクリアして2018年も稼ぎだす方法

杉山です。

本日は少し私の中でも「これは稼げる」

というジャンルのノウハウです。

YouTubeも審査基準を高まり、登録者数が1000人以下だと
広告表示がされなくなっています。

もちろん再生回数に比例して登録者も増加するものですが、
動画によっては登録者数が増えないで再生回数が伸びるものもあるのです。

 

実際に自分もありました。

登録者数が1000人以下なので再生時間は、余裕で
基準を超えて10万再生回数以上なのに900人台という
チャンネルもあります。

 

これに関しては、チャンネル登録者数増加サービスなので
処理して広告は表示されましたが かなり厳しい条件と
考えてる人も多いと思います。

 

もちろんあまりにもグレーなものは審査で
落ちる可能生もありますので、今まさに
壁にぶち当たっている人も多いのでは、ないでしょうか?

 

そこで紹介するコンテンツがこちらとなります。

 

YFM YouTubeで稼ぐ方法 審査問題も乗り越えられる方法とは

 

 

販売ページ

YFMYouTubeで稼ぐ方法

 

正直、これがあったか!

という衝動に駆られた理由は、再生回数のみならず
登録者数も増やす事が可能なジャンルでもあるという事です。

このノウハウは、小西和夫さんの過去の購入者様という事ですが
その内容は、自分が見ても かなり興奮した内容でした。

 

今までの内容の多くは、

テキスト動画
まとめ動画

あとは、情報商材によりますが、
今、インフォトップでもYTM YouTube無限という商品は
ラジオ音声を使ったような動画で、著作権や引用の盲点を
利用したノウハウです。

 

しかし、そういったものでも削除率も高くなってきています。

これは引用ではなく、転載と判断されているからでしょう。

 

こうなると今の審査の流れや基準を考えると、
審査で停止される確率も高くなります。

 

私もテスト的に、そういうチャンネルでテストしましたが
審査通過の確率は、動画によりますが、私の場合、
3割ほどは引用のつもりの動画でもNGという結果でした。

 

例えばこんな動画が幾つかあるチャンネルです。

 

しかし一点言いますと、通る動画と通らない動画の基準が分からないのです。

 

これが良くて?

これが駄目?

なんで?

みたいな話です。

 

再生回数が伸ばしやすいという意味では、
非常にYTMのようなノウハウは、悪くもありませんが
全てが全て通らなくなりますので 今から始めるような人は、
条件の再生時間を満たして登録者数が増えてから 収益化の可否が
分かりますので、少し労力的にリスクかと感じました。

 

ラジオ引用YouTube動画やまとめ、テキスト動画の現状

 

またYTMのようなノウハウは確かに再生回数が
リスクの代わりに稼げるのですが チャンネル登録者増加は
非常に弱いのです。

 

その理由は、チャンネル色や動画の色が
引用や そのまま使っているからです。

 

例えば 〇〇のラジオ という場合でも
視聴者は、ラジオに興味があるので別に誰の動画でも
良いのです。

誰のチャンネルの動画でも目的は、そのチャンネルではなく
あくまでも そのトークだからです。

 

もちろんここには、トークジャンルで
チャンネル化する事も可能ですが、それに
気付くユーザーも少なく、登録しようという段階まで
なかなか進まないのです。

 

つまり再生回数だけ伸びても登録者の増え方が悪いのです。

もちろん他のテキスト動画やまとめ動画でも
WEB上やその他既存のコンテンツで作る動画の場合、
やはり、同じく登録者を増やす事は、困難なのです。

 

その理由は、登録者の意味 を考えると良いでしょう。

また見たい。

この人の動画を見たい

そう感じて登録するからです。

 

YFMは、明らかに登録者も再生回数も手に入れられると感じた理由

 

そこで今回のYFMというコンテンツは、特色を持たせられます。

つまり この動画のチャンネルに登録しようとか
このチャンネルの動画だから見ようと思わせる動画を
作り易いのです。

 

もちろん今までのテキスト動画やまとめ動画でも
稼げているものもありますが、明らかに差が出る事は、
間違い無いと言えるでしょうね。

 

ただし難点としては、作成時間が必要な事です。

1個の動画に1時間と記載がありますが これは
慣れている人の制作時間で、まだまだ短く縮める事も
可能ですので ある程度、見越した平均時間ですが、最初から
スタートする人からすると、この時間は、おおよそ2倍。

 

2倍見ておくと良いというか2時間1動画を考えましょう。

 

さもないと1時間1動画で…と思っていても
2倍も掛かると 結構しんどいと思います。

 

ただそれでも 多くの関連動画、
あるいは既に実践者増加傾向だと思いますが
再生回数が万単位のものが 続々と出てきますので
「作れば作るだけ利益に結び付く」というイメージは
相当、濃厚に感じるでしょう。

 

何にしても自信を持って私からも推薦できますし
今後、2018年からその先も見越すなら
この2つのジャンルは有力です。

 

少しこのYFMの特徴をまとめておきます。

 

YouTubeで稼ぐ方法YFMの特徴

 

・1動画につき1万円ぐらいの収益は十分あり得る。

・1動画1時間では初心者は厳しい2倍見ておくべき。

・動画に顔も声も出さなくても作れる動画ジャンル。

・YouTube審査も問題がないジャンル。

・違法性や著作権や削除におどおどしなくても良い。

・チャンネル登録者も増えるジャンル。

 

以上ですが、個人的に マスターしておくジャンルですし
十分に学んでおく価値はあるはずです。

 

2018年以降も、YouTubeで
稼ごうと考えている人なら、間違い無く、
取り組む価値は高いと言えます。

 

削除におどおどせずに 堂々と作れて
登録者数も増やし易いという点では、
かなり魅力だと言えるでしょう。

 

私も早速新しいチャンネルを作ろうと思います。

http://yutubeinfo.org/ng-admin/20180513211004.html

 

杉山でした。

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人杉山健一

杉山健一


YouTubeアドセンス攻略情報共有プログラムの販売者の杉山健一です。この度、YouTubeに関して教材だけなく、情報発信していく為にブログを立ち上げました。


プロフィールはこちら

このページの先頭へ