YouTubeが盛り上がりを見せている中で使える手法と使えなくなった手法

杉山です。

YouTubeがまた盛り上がりを見せてきていますが少しここで、
大事なポイントをまとめてみました。

 

YouTubeの審査は年々厳しくなっているからこそ避けるべきジャンル

 

実は自分もYouTubeに関しては、様々な商材を実践し続けてきました。

その中で今後ダメなものをリストアップしていきます。

商材名などは、公開しませんがとりあえず、「これはダメだ」と言える手法です。

 

まずはラジオ音声を使う動画。

ラジオ音声は辞めておきましょう。もう流石に無理があり、削除されているアカウントも増加傾向にあります。

続いては、転載動画などです。

最近は漫画村の事で著作権がうるさくなりましたが 今後どのように変わるか分かりませんし
やはり再生回数も工夫を相当しないと難しい事が現実です。

続いては、カラオケ系ジャンル。

かなり再生回数が稼げるジャンルですが削除も多く
カラオケ音源のみを動画にしていたYouTuberが逮捕された話は、有名です。

パラパラ動画

いわゆる文字が流れるだけの動画や画像が切り替わるだけの動画です。

正直、稼げなくありませんが情報が集約できていないと全くダメなジャンルです。

 

2019年以降は、完全オリジナル動画を意識するべきです。

 

こう言うと選択肢がなくなりますが

今最も無難なものは、ゆっくり動画、Vチューバーです。

以前より、YouTubeでもダントツで一番トップを走り続けてきた
小西和夫さんが出していたコンテンツ、

動画で今すぐ収益化する方法

 

実は、自分もこれを機会に取り組んでみたのですが
かなり良好です。

もちろん自分だけでなく 私が紹介した購入者さんも登録者がメキメキと増えているのです。

唯一 この業界では、一番最先端の動画ノウハウを走り続けただけの事はある内容です。

 

VTUBERとは、何かと言うと、仮想キャラです。

道具とキャラさえあれば カメラの前のあなたがキャラに変わり
音声なども全て変わるというものです。

動きも手などの動きがそのまま反映されたり顔の表情も読み込んで
動画になりますので 思ったよりシンプルに作る事ができるのです。

この小西さんのものは 主に、ゆっくり系の動画を作る方法ですが
こちらは VTUBERとゆっくり動画の解説があるコンテンツです。

YFMはこちら

私も含めて これらの動画作りは鉄板で顔出し声出し無しの動画では
最も現在有力候補です。

 

YouTubeで声も顔も出さずに稼ぎたい、登録者も自然に増やしたい人は、
是非これらのジャンルを今から構築する事を推奨します。

 

ですから興味があれば是非検討して下さい。

杉山でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人杉山健一

杉山健一


YouTubeアドセンス攻略情報共有プログラムの販売者の杉山健一です。この度、YouTubeに関して教材だけなく、情報発信していく為にブログを立ち上げました。


プロフィールはこちら

このページの先頭へ