LINE風の動画(LINE風メッセージアニメーションの作り方)を簡単に作れるツールについて。

杉山です。

実は今回、話題になっているYouTube動画ツールを検証してみました。

 

このツールはLINE風の動画作りのツールですが、私の中では、「旨味のある動画ジャンル」でライバルも少ないジャンルであるので、早く、「便利な作成ツール」がでる事を待ち望んでいましたが、「やっと出たのか」と思っています。

 

ただ、かなり便利で使い易いし稼げるネタでもあるので、存在だけでも覚えておくと良いと思います。

 

LINE風のトーク動画を作れるツール。テキスト動画で稼ぐ方法

 

実は以前までは。LINE風動画と言えば、このような方法で動画編集ツールで各パーツ、いわゆる吹き出しやアイコンを作成して制作をしていました。

 

アフターエフェクトでも 以下の動画のような手順で作成が可能ですし 他の動画編集ソフトでも画像パーツを作っていけば 作る事ができます。

 

しかし、それなりの時間を要します。

 

吹き出しを作って文字を入力して位置を整えて…1個の吹き出しを作って、また次の吹き出しを…と繰り返す事になりますので、当然です。

 

ただ、チャンネルが育つと、このLINEのようなトーク風アニメーション動画は非常に伸びるジャンルでもあるので手間暇かけて作成する価値があるジャンルで、ジワジワと取り組む人が増えています。

 

つまり それなりの旨味があるということです。

 

しかし初心者では動画編集から作成するには、ハードルが高い事は説明するまでもありません。

いや 作業は 理屈で言うと簡単だけど1個の動画を作る時間が非常に長いし疲れる作業になる筈です。

 

 

トーク画を作れるツール

 

確かに色々なツールがありまして、私も色々と試した事があります。

 

例えば、もじまる などもその一つです。

URL https://sp.mojimaru.com/

 

トーク画は作れますが しかし、今風のLINEのような動画には、適していません。

 

他にもアプリでは、

 

このようなアプリも有りますが 全てスクロール式ですしスマホアプリで録画したとしても画面が小さいので 動画として使うには、向いてません。

 

他にも類似アプリがありますが、どれも同様です。

かと言ってLINEを2台使っても作成できますが、アプリ同様にスマホの文字では、動画にした時に、スマホでは字が認識し難いという難点があるのです。

文字は大きく設定できる上に、任意の場所で 切り替えできる方が、視聴者も見やすいので そういった動画を作れなければ意味がありませんので ただのLINEの物真似では、動画価値が落ちてしまうのです。

 

そこで登場したものが、こちら。

テキスト動画で稼ぐ方法 LINE風のトークアニメーションを作るツールとノウハウ

 

厳しく言いますと地道に吹き出し1個ずつを動画ソフトで画像を作りながら行う方が品質的には、高いものが作れます。

ただ、どこまでの水準を求めるか?と言うと数多く短い時間で高品質な動画を作れるという意味では、今回のLTSは、かなり便利なシステムです。

トーク風動画を作る為に作成された事も有って非常に便利で驚きました。

具体的な作成方法としては、メッセージなどを決めてしまえば、本当に一瞬で完成しますので 手作りをしていた私にとっては、かなり便利で費用効果は抜群だと感じています。

 

色々なLINE風の動画もありますが、少し凝ったものも作る事ができます。

と、いうのも今回のツールでは、背景に動く画像を加える事が可能です。

 

また私も使いながら感じた事は、

しっかり動画を背景に入れたい場合には、動画編集ソフトの クロマキーを使うと良いと思います。

 

背景は吹き出しや動画の中の画像と被らない色にしておけば クロマキーを使って好きな動画を背景にして表示させる事ができます。

 

 

GIFアニメの場合、変換作業が面倒臭いし時間を使います。

 

今はYouTubeの動画URLからGIFアニメにしてくれるサイトもあるのですが、

 

変換サイトはこちら

 

待ち時間もあるし秒数も限定的です。

これを考慮すれば、このLTSで背景に動画を加えられる仕様にするか動画編集ソフトでクロマキー機能にするか?のいずれかだと思います。

個人的には、LTSの中で選べれば良いですが どちらにしてもクロマキーの操作も動画さえあれば簡単に行えます。

 

検索すればすぐにその方法も分かるでしょう。

 

https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=VIDEOPAD%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%BC

 

 

もちろん微調整については、映像をキャプチャしてから動画編集ソフトで音楽、効果音、音声などを加えれば完成です。

映像化した後の作業は、どんなもので作ったとしても同じ作業ですが 肝心の映像化までの流れが非常に早くできる事は間違いありません。

 

1.ネタを決めて テキストと画像などを用意する。

2.LTSで映像化する。

3.間隔の微調整を行う。

4.動画キャプチャソフトで動画ファイルに保存する。

5.保存したファイルに音声や効果音、BGMを挿入したり最終調整を行う。

6.YouTubeへアップロード

 

思った以上に早く作れます。

 

このLINE風の動画で面倒くさい作業は 吹き出しを並べたり文字を入れて1個ずつ位置調整をする作業ですが その作業をLTSを使えば半分以下に縮小できます。

 

もちろん、今、YouTubeに可能性を抱いている方も、スタートは、このような動画ジャンルでも十分に稼ぐ事ができますので、挑戦してみる価値は、あると思います。

既にYouTubeに取り組んでいる人においても 「新しいチャンネル」として作っても面白いのではないかと思います。

 

何を作るか。
どのように作るのか。
どのように再生回数を伸ばすのか。
チャンネル登録者を増やすにはどうすれば良いか。

 

など ツールだけではなく、今通用する形のノウハウも付属していますので、導入する価値は十分あると思います。

 

現在はかなり値段も落として使い放題なので

興味がある方は、是非一度、手に取って使ってみて下さい。

テキスト動画で稼ぐ方法 LINE風のトークアニメーションを作るツールとノウハウ

 

また少しでも有利なノウハウを手にされたい場合には、こちらの小西さんのサイトでも、特典付き で紹介があります。

 

2ティアオファーのリンクとなりますが、「深堀したノウハウも手にしたい」という場合には、お薦めです。

LTSを特典付きで購入する場合は、こちら

 

それでは、販売停止や価格が高騰する前に検討する事をお勧めします。

 

杉山でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人杉山健一

杉山健一


YouTubeアドセンス攻略情報共有プログラムの販売者の杉山健一です。この度、YouTubeに関して教材だけなく、情報発信していく為にブログを立ち上げました。


プロフィールはこちら

このページの先頭へ