YouTubeアドセンス 長期的な動画と短期的な動画どちらが良いのか?

杉山です。

購読有り難うございます。

 

本日は、短期的に多く再生されるYouTube動画と
長期的に多く再生されるYouTube動画というものについて解説します。

 

短期的にしか再生されないYouTube動画

 

まず短期的にしか再生されない動画と言えば
トレンド動画があげられます。

 

話題の旬が終われば検索そのものが減少して再生回数が
伸びなくなるのです。

 

ただ、これらは再生回数が伸びなくなったわけでもなく
検索する人が話題と共に減少したというだけの話だったりします。

 

ただ、うまく軌道にさえ乗れば爆発的な再生回数を短期間で
稼いでくれます。

 

例えば芸能人のスキャンダルネタなどは非常に多いです。

 

長期的に再生され続けるYouTube動画

 

こちらについては、悩み、人間が常に抱える問題に関わるものや
定番商品、定番の人物、地名や場所などが含まれる動画です。

トレンド動画のように短期で爆発することは、ないですが
長い間再生され続けます。

 

例えば歴史に残る事件とか都市伝説や 閲覧注意の生き物系などですね。

この手のものは比較的ニーズもあり長期的に再生回数も伸びやすいといえます。

 

 

中には収益化できないような残酷な動画もありますが
この手のフレーズのものは長期に渡り再生されやすい特徴があります。

閲覧注意

 

難しい動画でもなく 画像を寄せ集めるだけでも十分に動画として

成り立ち再生回数を伸ばす事がやり易いジャンルだと言えます。

 

 

そして 短期的なもの長期的なもの、どちらを意識するかですが
今後の戦略としては、トレンド的なチャンネル一つと長期的で 何か特定のジャンルに特化した動画といった形で
チャンネルを分けて育てていく事をお薦めします。

 

また短期的な動画でも タイトルに人物名や地名など、長期的に
ニーズのある文字列を重視したキーワード(動画タイトル)にする事で、
長期的に再生される動画を作る事が可能な場合もあります。

 

どちらが良いか?と言うと 個人的には後者の長期的に再生されるものですが
単発的なもの、長期的なものを うまく調和させて複数のチャンネルを
同時進行していく事が一番ベストな戦略です。

 

是非参考にして下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人杉山健一

杉山健一


YouTubeアドセンス攻略情報共有プログラムの販売者の杉山健一です。この度、YouTubeに関して教材だけなく、情報発信していく為にブログを立ち上げました。


プロフィールはこちら

このページの先頭へ