トレンドムービーメーカー流時とYouTubeの対応が理不尽だと感じる理由

杉山です。

いつも購読有り難うございます。

 

本日のテーマはYouTubeの削除対応について書いてみる事にしました。

 

YouTubeによる動画削除

image379

私の所には、数多くの問い合わせがあるのですが
その中の一つで

「どうして自分の動画だけが削除されるのか」

そんな質問を頂く事があります。

 

よくあるのは、引用と称してYouTube動画の一部を
自分の動画に使う行為やテレビなどの映像などを
使った動画をアップロードした際に、
短時間で削除される、再生回数と報酬が伸びてきてから
削除されるといったケースのものです。

 

削除されて少し検索してみると
「殆ど自分が削除された動画と変わらないレベルのものが
普通に収益化されている」というものです。

 

 

何故自分だけがYouTube動画を削除されるのだろうか?

 

まずこの原因の一つは、
動画そのものを人が目で見て判断する事は少なく
システムである程度判別して機械的に処理されることが多いです。

 

さすがに動画一つ一つを人の目で判別することには、
到底無理が出てきます。

 

削除や警告の多いケースは音楽関係でコンテンツID登録などがされている場合や
映像もYouTubeでは画像として保存されていますので、
そこで一致した場合も何かアクションがあると考えられます。

 

人的な面では、外部ユーザーによる通報や違反の申告などによるもの。
あるいは、YouTube側による目視による巡回調査。

 

またテレビ局なども委託業者を使いYouTube巡回をしています。

 

これについては、対策が少し困難で 動画タイトルの工夫などが求められますが
システム的なものについては多少はカバーが可能です。

 

実は前回の紹介した 流時というツールでも付属しているのですが
以下のようなフレーム画像。

 

よくアニメとかでも10万、20万再生されているものの中には
動画部分を小さくしてシステム判別を逃れようとしているものは
数多くあります。

 

以下 流時のツールです。

既にお持ちの場合はSP1 から入れば活用できます。

 

動画の削除

 

あくまでも流時のツールを使うというのは 一つの選択肢ですが
もちろんパソコンがあればフレーム画像を用意して
うまく無料ソフトなどを使えば このようにフレーム入りの
動画を作り動画部分を小さくする事が可能です。

 

このように動画そのものにシステムが判別し難いような加工を
施す事で 本来システム側に削除されにくい動画でも
削除されにくくなるというケースもあるのです。

 

結局、YouTubeは、誰がやってるから、自分だけじゃないから、
といった諸事情は、相手にして貰えません。

出ていようが出てまいが 独自のルールで
「削除するものを 機械的に削除する」という方針なのです。

 

 

だからこそ、できる限り リスクのある動画を避け、
万が一リスクがある動画で再生回数を稼ぎたいという場合には
フレームの中で再生しているような動画が好ましいとも言えるでしょう。

 

 

ただ、そこまでグレーな事をしなくても
今回の流時のようなツールでトレンド動画を
あぶり出して 動画作成して投稿していくだけでも
短期間で大きな再生回数も十分狙う事ができるのです。

 

あと一点だけ追記ですが、
ちょうど流時の話になったので一つ気になる質問に
ついての回答を この場を借りて伝えておきます。

 

「いつまでこのツールで稼げるのか」というものです。

 

これについては、どれだけなのか分かりませんが、
最低でも言える事は、「今 使うべきタイミングである」という事です。

今 こうやって再生回数を伸ばす動画が作れれば
YouTubeから報酬を 「抜けるだけ抜く」という事が可能になり
抜けるまで抜き続ければ良いだけの話であり、
最終的に1年後、2年後に どうなろうと 確実にプラスになるなら
私は、何も問題無い話で 先のことを 気にするぐらいなら
今を重視して考えるべきだと思います。

 

image378

 

ただ個人的な感想ですが、
数ヶ月程度で どうにかなる事は、無いと思います。

 

なぜなら そこまで大規模な動きがあるとは思えないからです。

何故なら、再生回数を 伸ばす動画が数多く上がる事で一番利益に
繋がるのは、YouTubeだからです。

 

つまり今回の流時は、YouTubeの不利益には、繋がらなく
むしろプラスになりかねないものであるからです。

 

既に、手に取っている人が多いと思いますが

もしも、あなたが流時を まだ手にされてないなら、再度、目を通しておく事をお薦めします。

 

りゅうじYouTube

前回のレビューと特典はこちらです。⇒YouTube Trend-Movie Maker「流時」

 

 

それでは、本日はこの辺で。杉山でした。

 

 

One Response to “トレンドムービーメーカー流時とYouTubeの対応が理不尽だと感じる理由”

  1. 再生回数を伸ばすことがどうしてもできません。
    流時が救世主になるだろうかとおもっております。
    まだわかりませんが一度試してみようかと考えているところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人杉山健一

杉山健一


YouTubeアドセンス攻略情報共有プログラムの販売者の杉山健一です。この度、YouTubeに関して教材だけなく、情報発信していく為にブログを立ち上げました。


プロフィールはこちら

このページの先頭へ